自動車用フロントガラスの曲率測定

検査用の治具に使用されていた空気圧シリンダやLVDTでは推力の微調整が困難、また校正に時間が掛かりすぎる、製品寿命が短いなどの問題がありました。

ガラスのセンタリングに使用されていた2台の空気圧シリンダをSMACリニアアクチュエータLAL95シリーズと交換。これにより、位置決めに使われていた6台の空気圧シリンダを4台に減らし、システムを簡素化。2台のLAL95で、位置決めと計測の工程を同時に行います。その他のセンサー、機械、電気配線などは変更することなく、100%インライン検査を実現。


 
©2018 SMAC Corporation | 5807 Van Allen Way | Carlsbad, California 92008
Tel: 760-929-7575 | Fax 760-929-7588

x
(*) 必須フィールド
名: *
姓: *
会社名 *
Eメールアドレス: *
電話番号: *
国名 *
郵便番号 *
あなたの質問 *
 


SMAC Cookies Policy