電子・半導体産業

高精度、高生産性、高品質な製品が生産システムで求められる電子・半導体産業は、モーションコントロールで最も要求の厳しい用途の一つです。SMAC電動アクチュエータは電子・半導体産業のフロントエンド及びバックエンドの工程で高い採用実績を誇っています。高精度なサブミクロン単位の位置決め、グラム単位の力コントロールは製造工程で不可欠な機能です。位置、加速度/速度、推力/トルクの各軸独立制御により、作業と検査を同時に行うことができます。 直線軸と回転軸が一体化されたコンパクトな構造のリニアロータリーアクチュエータは、ピック&プレースとして採用されています。

推力制御を活かしたSMAC独自のソフトランディング機能(ワーク表面を検出し軟着地する)は壊れやすい電子部品等をダメージすることなく効率良い作業を可能にします。バキューム用ホール付きの回転軸モータを採用し、部品吸着時に粉塵によるノズルの詰まりを防ぎ、メンテナンスによるダウンタイムの削減、生産性の向上に役立てます。

制御性

  • 全ての軸に於いて推力/トルク、位置、速度の制御可能。
  • 弊社独自のソフトランディング機能(ワーク表面を検出し軟着地する)で壊れやすい部品の取り扱いに最適。
  • 異なった高さへの部品の配置、部品の破損や紛失を警告することができます。
  • 作業を行いながら、検査を同時に行い、そのデータ収集とフィードバックが可能。

繰り返し精度

  • ロッドの芯ブレ30ミクロン以下(10ミクロンオプション有り)
  • サブミクロン単位の高速位置決め
  • グラム単位での力コントロール

効率性

  • 1億サイクル以上の長寿命(当社条件)
  • 高速オペレーション50,000サイクル/時間 (15Hz)
  • 直線軸(Z軸)と回転軸(シータ軸)の一体型ユニット(リニアロータリアクチュエータ)。
  • バキューム(真空管)用ホール付きの回転軸モータ採用により、部品吸着時に粉塵によるノズルのつまりを防ぐ。

製品やアプリケーションに関するご相談やご質問、製品デモのご依頼などお気軽にお問い合わせください。

用途

概要

使用モデル

ダイボンディング

高精度の推力制御を活かしたチップマウンタ

LCA8 シリーズリニア

電子部品の自動検査

高速電子部品検査機(チップテスター)へのフィーディング

LCA31 シリーズリニア

PCB(プリント基板)組立

高速表面実装機のピック&プレース(チップマウンター)

LAR31 シリーズリニアロータリ

携帯電話/キーボードスイッチ検査

インライン品質検査。クリックポイント、荷重(推力)の変位を計測。荷重に対する位置のSPCデータを集計、フィードバック。

CAL36 シリーズ電動シリンダ

タッチスクリーンテスト

スマートフォンのタッチスクリーンQC(Quality Control)検査。ズームイン/アウト、耐久試験、軽いタップと深く押す操作の違いのテスト。

CAL36 シリーズ電動シリンダ
LAS シリーズスライド
LCS25 シリーズスライド

スマートフォンのカメラ・スピーカー組立

ソフトランディング機能を使った、電子部品の組み立て。作業と検査を同時に行い、製品情報を集計、フィードバック。

LCA25 シリーズリニア
LAR15 シリーズリニアロータリ

コネクタピン挿入・高さ計測

コネクタピンをプリント基板へ、はんだなしに挿入。高速な高さ計測検査により生産性を向上させる。

LCA25 シリーズリニア

 

 
©2018 SMAC Corporation | 5807 Van Allen Way | Carlsbad, California 92008
Tel: 760-929-7575 | Fax 760-929-7588

x
(*) 必須フィールド
名: *
姓: *
会社名 *
Eメールアドレス: *
郵便番号 *
あなたの質問 *
 


SMAC Cookies Policy