ムービングコイルの特徴

Linear motor technology

SMACアクチュエータはムービングコイル(コイル可動式)の 電動アクチュエータです。ボイスコイルタイプのアクチュエー タとも呼ばれ、動作原理は音響用のスピーカーと同じです。 磁界中の導体に電流を流したときに、導体に働く力を利用 しています。推力の方向はフレミング左手の法則に従い、推力の出力は駆動部のコイルに流れる電流に比例します。

F  N I B

  F  推力
  N  コイルの巻き数
  I  電流
  B  磁束密度

これにより、電流を制御することで正確に推力を制御することができます。

ムービングコイル(ボイスコイル)

  • ムービングマグネット方式に比べて可動部が軽量のため、高速/高頻度の反復動作に適しています。
  • クローズドループ、サーボ制御の用途に適しています。
  • ねじ送り機構のないダイレクトドライブ方式で、バックラッシュやコギングがありません。
  • 省電力、優れた静音性。 (< 55dB)

SMACアクチュエータの特長

  • ダイレクトドライブのボイスコイル式リニアモータです。
  • 専用コントローラを使用したプログラミングにより、速度/加速度位置推力を自由に制御できます。
  • ソフトランディング機能:高精度の推力制御を活かし、ワーク表面に軟らかく着地することで部品の破損を防ぎます。
  • 光学式エンコーダを内蔵しており、サブミクロン単位の高精細な多点位置決めが可能。
  • 高速/高加速度を必要とする用途に適しています。30G以上の加速度や毎分1200回以上の反復動作を実現します。
  • 高耐久性のリニアガイドを内蔵しており、長寿命を実現しています。
  • 作業と検査を同時に行うことが可能です。
  • データ収集、フィードバックが可能です。

フレキシビリティー

  • アクチュエータに内臓されているリニアエンコーダを使用し測長が可能。推力制御により安定した測長を実現します。
  • 推力、位置、速度モード を任意に切り替えることができ、複雑な制御が可能。
  • モーションプロファイルの瞬時の切り替えが可能。
  • デジタル又はアナログ出入力

製品に関するご質問、製品デモのご依頼などお気軽にお問い合わせください。


 
©2018 SMAC Corporation | 5807 Van Allen Way | Carlsbad, California 92008
Tel: 760-929-7575 | Fax 760-929-7588

x
How can we assist you?
TEXT_REQUIRED_FIELDS_NOTE
名: *
姓: *
会社名 *
Eメールアドレス: *
郵便番号 *
Your Question *
 
*